助けを求めた“無人の交番”でわいせつ被害 警察官不在にツイ民「こういうときの絶望感、ヤバい」

 路上で男に体を触られる被害に遭った女性が、助けを求めて交番に駆け込んだところ、警察官が不在で、さらに交番の中でも男からわいせつ被害を受けていたことが発覚した。この事件が報じられると、ネットユーザーから「被害者の女性めっちゃ怖かったやろな。交番だけあっても意味ないやん」「交番に警官がいない時 多いよね 絶対一人はいて欲しい!!」といった声が次々とあがった。

 報道によると、事件は16日未明、東京都葛飾区の路上で発生。路上を歩いていた20代の女性が、自転車に乗った男に「かわいいね」と声をかけられて体を触られた。女性はその後、近くの亀有署南水元交番に駆け込んだが、警察官は不在。女性は、追いかけてきた男に交番の中でもわいせつの被害を受けたという。女性が抵抗したため男は逃走。女性にけがはなかったと報じられた。

 この事件に衝撃を受けた人も多く、ツイッターには「必死の思いで逃げ込んだ交番に誰もいなくてそのままそこでわいせつされる…ってその時の絶望感を想像してしまった」「こういうときの絶望感、ヤバい」と被害女性の心情をおもんぱかる投稿が相次いだ。事件現場となった交番を知る人は「ここはわたしの地元近くの交番なのですが前から警察官が不在なのでとても怖いです」とツイートした。

 交番に警察官が不在だったこともネットユーザーの関心を集めた。「ニュースで交番でわいせつっての見て、いないよなぁーって思ってしまった」「無人の交番多いですよね」といった声が殺到。「もっと警官をふやすことはできんの?」といった声もあがった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ