ハンマー事故は顧問不在中 部員投げ直撃、岩手県立校

 岩手県滝沢市の県立盛岡農業高で16日、男子生徒2人が陸上競技用のハンマー(重さ約6キロ)に当たって負傷した事故があり、ハンマーを投げたのは陸上部の男子部員(17)だったことが17日、同校への取材で分かった。顧問の教諭3人はいずれも職員会議のためグラウンドにいなかった。県教育委員会は管理体制に問題がなかったか調べている。

 同校によると、負傷者2人はソフトテニス部の2年生。鉄球部分が頭に直撃した生徒(16)は意識不明で入院。持ち手などが首に当たった生徒(17)は治療後、帰宅した。

 事故が起きた16日午後4時半ごろ、陸上部員は囲い(高さ7~9メートル)のある投擲(とうてき)場所で練習中。ハンマーは左側にそれて約20メートル離れたテニスコートに飛び込んだ。囲いに穴は見当たらず、ハンマーは囲いをかすめてコート脇の高さ約2メートルのフェンスを越えたとみられる。

 千葉久副校長は「安全のため常に教職員が付くべきだった。県教育委員会の指導を受けて対応を検討したい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ