秋元容疑者4度目起訴 保釈取り消しも検討 証人買収事件 東京地検

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件に絡んだ証人買収事件で、東京地検特捜部は17日、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)罪で、衆院議員、秋元司容疑者(48)=収賄罪などで起訴=と、支援者で会社役員、松浦大助容疑者(51)を起訴した。秋元被告の起訴は収賄罪を含め4度目。特捜部は秋元被告が別々の支援者を通じ、贈賄側の2被告に買収を持ち掛けたとみている。

 また、地検はIR汚職事件後に保釈中だった秋元被告が、保釈条件で接触を禁じられた贈賄側2被告に支援者を介して接触したことなどは条件に違反するとして、裁判所への保釈取り消し請求を検討している。裁判所の保釈判断に批判が集まる可能性もある。

 起訴状などによると、秋元、松浦両被告は6~7月、会社役員の宮武和寛被告(49)=組織犯罪処罰法違反罪で起訴=と共謀し、IR汚職事件の贈賄側の中国企業「500ドットコム」元顧問、仲里勝憲被告(48)=贈賄罪で公判中=に那覇市内で偽証を依頼し、報酬として現金500万円の提供を申し込んだとしている。

 秋元被告は、もう一人の贈賄側の紺野昌彦被告(49)=同罪などで公判中=に対しても、支援者の会社役員、淡路明人被告(54)=同法違反罪で起訴=らと共謀して同様に偽証を依頼したとして、9日に同罪で起訴されていた。

 秋元被告は1~2月、紺野、仲里両被告らから計約760万円相当の賄賂を受け取ったとして収賄罪で2度にわたって起訴。逮捕当初から起訴内容を一貫して否認しているが、2度目の起訴から9日後の2月12日に保釈された。

 関係者によると、保釈された秋元被告は、松浦、淡路両被告と面会するなどし、両被告らが贈賄側に偽証を持ち掛けるのを主導したとみられる。秋元被告の保釈条件は、贈賄側や贈賄側が現金を配ったとされる他の国会議員ら事件関係者約80人以上との直接、もしくは弁護人を介さない接触などの禁止だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ