大麻大量所持の伊勢谷容疑者「リラックスするため」と供述

 大麻を自宅で所持したとして、大麻取締法違反容疑で警視庁に逮捕された俳優、伊勢谷友介(いせや・ゆうすけ)容疑者(44)=東京都目黒区碑文谷=が、大麻を使用していた理由について「リラックスするために吸っていた」などと供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 伊勢谷容疑者は8日夕、自宅マンションで大麻を所持したとして、現行犯で逮捕された。警視庁組織犯罪対策5課によると、家宅捜索では、リビングの机の引き出しの中から4つのポリ袋に小分けにされた約40回分もの使用量に当たる乾燥大麻計20・3グラムが押収された。

 また、自宅からは3つの箱に入った巻紙約500枚や、吸い口のようなものも3つ見つかっていた。ただ捜査関係者によると、伊勢谷容疑者は「誰かに譲渡したり、売ったりしたりするためのものではない」と話しているという。

 さらに、「タバコの葉と混ぜて吸っていた」などとも供述。乾燥大麻とタバコの葉を巻紙に包んで火をつける「ジョイント」と呼ばれる方法で吸っていたと具体的に説明したという。

 警視庁は、大麻の入手経路などについても、伊勢谷容疑者を追及している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ