霧島連山・新燃岳で火山性地震増加 噴火警戒レベルは2を維持

 気象庁は17日、宮崎、鹿児島両県にまたがる霧島連山・新燃岳で火山性地震が増え、火山活動が高まった状態になったとして注意を呼び掛けた。ただ、地殻変動に特段の変化は見られず、今のところ大規模噴火の可能性は低いとみている。噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)を維持する。

 気象庁によると、火山性地震の回数は、いずれも速報値で15日が16回、16日が127回、17日が午前8時までに80回観測された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ