大麻草を大量栽培の疑い、ベトナム国籍の男逮捕

 群馬県警伊勢崎署は15日、倉庫で大麻草144本を栽培したとして、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで、ベトナム国籍で住所不定、無職、グエン・フー・コン容疑者(30)を逮捕した。「全く知りません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は何者かと共謀して4月4日、伊勢崎市内の倉庫で大麻草144本を営利目的で栽培したとしている。伊勢崎署によると、署員が倉庫を巡回した際、東南アジア系とみられる男らが逃走、倉庫内を確認して大麻草を見つけた。

 倉庫の遺留品からコン容疑者の関与が浮上。コン容疑者は8月、山口県警に入管難民法違反容疑で逮捕され、その後起訴されて勾留中だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ