ケリー被告初公判詳報(2)ゴーン被告、カネに細かく 1円単位まで事前チェック

 《日産自動車元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告と法人としての日産の初公判が、東京地裁で続いている。検察側が描いた事件の「ストーリー」を示す冒頭陳述が始まった》

 検察官「検察官が証拠によって証明しようとする事実について述べます」

 《検察官が、用意した資料を手に語り始める。まずは被告の身上経歴からだ。日産は国内外に子会社や関連会社を有し、日産グループとして世界各地で自動車の製造販売をしている。仏ルノーと提携して、相互に株を保有。2017年度の連結売上は12兆円となった》

 《次にケリー被告。ケリー被告は米イリノイ州に出生し、弁護士資格を持って日産の関係会社に入社。秘書室の業務を所管するなどし、2018年の解任まで代表取締役の地位にあった》

 検察官「日産におけるゴーン被告の権限と報酬の扱いについてです」

 《逃亡中の“主役”に言及する検察官。日産元会長のカルロス・ゴーン被告は日産の低迷期にルノーから役員として日産に迎え入れられ、代表取締役社長に次ぐ地位である最高執行責任者に就任、経営再建をおこなった。黒字化を目指す「日産リバイバルプラン」で過去最高の純利益を出して再建を遂げた》

 検察官「ゴーン被告は解任まで日産の代表取締役の地位にあり続け、社長、共同会長、会長兼社長、会長などに就任した。日産の業務全般に従事し、徹底したコスト削減をする経営計画を実行、主導した」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ