熊谷6人殺害、無期確定へ 最高裁がペルー人被告側の上告棄却

 埼玉県熊谷市で平成27年、小学生2人を含む6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)について、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は被告側の上告を棄却する決定をした。死刑とした1審さいたま地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役とした2審東京高裁判決が確定する。9日付。5裁判官全員一致の結論。

 争点は責任能力の有無や程度だった。1審判決は、被告が統合失調症による被害妄想があったとする一方、影響は限定的として完全責任能力を認定した。

 これに対し2審判決は、「被害者を誤って追跡者とみなすなどして命の危機を感じ、被害者を殺害した可能性が否定できない」と指摘。「統合失調症による妄想や精神状態を考慮しないと理解が困難だ」として心神耗弱状態だったと認定し、「結果は重大で極刑で臨むほかないが、法律上の減軽をする」と無期懲役とした。刑法では「心神耗弱者の行為は刑を減軽する」と定めており死刑は選択できない。

 弁護側は無罪となる心神喪失を主張して上告。検察側は上告しておらず、死刑の回避は確定的だった。

 2審判決によると、ナカダ被告は27年9月14~16日、熊谷市の住宅3軒に侵入し、田崎稔さん(55)、妻の美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)の6人(年齢はいずれも当時)を殺害するなどした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ