「検事はわなにはめようとした」 ケリー被告一問一答 ゴーン事件

 産経新聞の単独インタビューに応じた日産自動車元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(63)=金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴=は、自らの無罪主張に加え、昨年末にレバノンに逃亡した前会長のカルロス・ゴーン被告(66)=金商法違反と会社法違反(特別背任)の罪で起訴=への思いなどを語った。主なやりとりは次の通り。(聞き手 市岡豊大)

 --ゴーン被告とともに東京地検特捜部に逮捕された平成30年11月19日に何があったのか

 「在住する米国で首の外科手術を控えていたが、日産側から『どうしても来てほしい』と言われて日本へ行くことにした。日産が特別に用意したチャーター機で入国した。高速道路で停車すると突然、検事と通訳が乗り込んできて、意味がよく分からないまま拘置所へ連れて行かれた」

 --どのような取り調べを受けたのか

 「さまざまな手でわなにはめようとしてきた。検事がよく言っていたことの一つが『自分の利益に反することを言わない限り、あなたの証言を一切信用しない』。書類をちらっと見せて質問してくるので、私が見せてくださいと頼むと『見せたら都合のいい話を作ってしまう』と言って見せてくれない。次第に(報酬の過少記載を始めたとされる)8年前のことを記憶していない方が悪いと思うようにさせられる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ