前法相「後援会早く作れ」 案里議員秘書が証言

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた前法相の衆院議員、河井克行被告(57)と、妻の参院議員、案里被告(46)の公判が3日、東京地裁(高橋康明裁判長)であり、案里議員の公設第1秘書の前田智代栄氏(61)に対する証人尋問が実施された。前田秘書は「克行前法相から広島県下全域に(案里議員の)後援会組織を早く作れと指示された」と証言した。

 前田秘書は検察側の質問に、案里議員の選挙活動について「取り仕切っていたのは克行前法相。指示はすべて前法相から下りてきた」と述べた。支援者拡大のための企業や団体の訪問が遅れると催促があったと説明。「県議や市議が持つ既存の後援会を借りて、支援してもらう考えだったと思う」と述べた。検察側は尋問に先立ち、前田秘書の調書を朗読。「克行前法相から指示を受けながら広範囲で外回りを担当した」との内容を明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ