「選挙取りまとめ役は克行被告」公設秘書が証言 河井夫妻公判

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた前法相で衆院議員、河井克行被告(57)と妻で参院議員、案里被告(46)の第3回公判が1日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。克行被告の藤田一(はじめ)公設第1秘書が初の証人として出廷。「選挙全体の取りまとめ役は克行被告だった」と証言した。

 藤田秘書は検察側の尋問で、選挙事務所スタッフの役割分担や資金管理など、業務全般を克行被告が指示していたと説明。「無料通信アプリのLINE(ライン)やメールなどで報告し、指示も受けていた。詳細な報告を克行被告は求めていた」と述べた。参院選公示前に行ったチラシ配りなどの活動は「参院選で結果を出すためだった」と語り、克行被告らも活動全般を把握していたとした。

 克行被告の弁護側はこれまで、選挙運動全体を取り仕切る「総括主宰者」だったとの検察側の指摘を否定。公示前までの一連の活動は選挙目的ではなかったと主張している。

 検察側は証人尋問に先立ち、自民党広島県連から最新の支援団体名簿を入手するよう、克行被告が案里被告の選挙事務所スタッフらに指示したなどとする藤田秘書の供述調書を読み上げた。陣営が管理する預金通帳を克行被告が毎日見せるよう求めたといった内容も含まれていた。

 8月28日の第2回公判では、検察側が現金を受領したとされる地元議員ら計139人の証人尋問を申請。地裁はこれまでに秘書ら4人を採用している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ