市立幼稚園教諭を懲戒処分 浜松、児童ポルノ所持

 浜松市教育委員会は27日、児童ポルノの写真や動画を所持し罰金の略式命令を受けたとして、市立幼稚園の40代男性教諭を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は26日付で、教諭は同日、依願退職した。

 市教委によると、元教諭は平成30年8月ごろから、インターネットで知り合った男性から少女の裸の写真データなどを購入しスマートフォンに所持。神奈川県警が摘発、児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で略式起訴された。今年8月に浜松簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、納付した。

 市教委は「信頼回復に全力を挙げて取り組む」とコメントしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ