コロナでマスク品薄… 素顔さらして窃盗、逮捕の決め手はやっぱり顔バレ

【衝撃事件の核心】

 新型コロナウイルスの影響で臨時休業中だった飲食店から売上金を盗んだなどとして、大阪府警が5月、窃盗容疑で大阪市西成区の無職の男(66)を逮捕した。府警によると、男は窃盗の常習者。店内の防犯カメラに写った男の顔に捜査員が気づいたことが、逮捕の決め手になった。以前は犯行に及ぶ際、マスクなどで顔を隠していた男。だが、コロナの感染拡大によりマスクが入手困難となり、やむを得ず素顔をさらすはめになったという。

慣れた手つきで

 4月23日深夜、大阪市淀川区の阪急十三駅にほど近い繁華街。普段は遅くまで多くのサラリーマンなどでにぎわうが、この日はコロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で休業中の店も多く、人通りはまばらだった。そんな中、周囲をうかがうように徘徊(はいかい)していた男は、コロナの影響で早めに営業を終えた焼き肉店に目をつけた。

 店舗正面の窓ガラスを慣れた手つきで割ると、無人の店内に侵入。背負っていたリュックサックから懐中電灯を取り出して店内を物色し、売上金約2万円が入った金庫を盗み出した。侵入から店を出るまでわずか3分ほどの早業だった。

 直前には近くの飲食店でも同様の被害があった。手慣れた連続犯行とみられ、犯人の特定には困難も予想された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ