エアガン発射し車損壊か 容疑の歯科医逮捕、警視庁

 路上に駐車中の車に鉄球を発射し、扉やガラスを壊したとして、警視庁巣鴨署は14日までに、器物損壊の疑いで東京都文京区千石の歯科医師、秋山浩康容疑者(60)を逮捕した。エアガンの鉄球とみられ、署は当時の状況を詳しく調べている。

 巣鴨署は秋山容疑者が経営する歯科医院などを家宅捜索し、エアガンのようなものを22丁、6ミリと4・5ミリの鉄球計約7300発を押収。秋山容疑者は「若い頃から趣味でガンショップやインターネットで集めた」と話しているが、「(容疑は)身に覚えがない」と否認している。

 現場近くのビル4階に歯科医院があり、防犯カメラの画像などの捜査から秋山容疑者が浮上。周辺では平成28年11月から同様の被害届が47件出ており、巣鴨署は関連を調べる。

 逮捕容疑は7月26日午後2時ごろ、東京都豊島区北大塚の路上で乗用車に鉄球数発を発射し、扉やガラスを壊したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ