「安楽死」大きく逸脱…生命軽視、にじむ異質さ ALS患者嘱託殺人

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け薬物を投与し殺害した嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕された事件は、SNSで接触し金銭を受け取り殺害するなど、その手口は過去の凶悪事件と重なる側面もある。勾留期限の13日にも刑事処分が決まるとみられるが、医師でありながら生命軽視の行動が明らかになっており、「安楽死」の枠を大きく外れた犯行だったことが浮き彫りになっている。(村嶋和樹)

 ■「論評に値しない行為」

 安楽死は、致死薬投与などで意図的に患者の死を早める「積極的安楽死」と、延命治療を中止し痛みなどを和らげる緩和ケアを施し自然な死を迎える「消極的安楽死(尊厳死の一部)」に大別される。

 国内では積極的安楽死は原則認められていない。だが、末期がん患者に薬剤を投与した医師が殺人罪に問われた「東海大病院事件」をめぐり、平成7年、有罪の判断を下した横浜地裁判決では例外となり得る要件が示されている。

 主なポイントは、耐え難い肉体的苦痛がある▽死が避けられず、死期が迫っている▽肉体的苦痛を除去・緩和するために方法を尽くし、代替手段がない▽患者から明らかな承諾の意思表示がある-の4点だ。

 今回の事件で、医師らは女性の主治医ではなく、直接対面は殺害当日のわずか10分間程度だった。また、診察で病状を正確に把握し他の緩和ケアを検討した形跡はなかった。医療倫理に詳しい慶応大の前田正一教授は「過去に積極的安楽死の許容性が問題となったケースとは異質で、論評に値しない行為」と断じる。

 ■座間、やまゆり園事件との類似性

 医療倫理を疑わせるような言動も確認されている。

 医師の1人は自身のツイッターで、手塚治虫の人気漫画「ブラック・ジャック」に登場する高額で安楽死を請け負うキャラクターに言及し「自殺幇助(ほうじょ)になるかもしれんが、立件されないだけのムダな知恵はある」などと投稿。ツイッター上で安楽死への願望を書き込んでいた女性に、医師らは「訴追されないならお手伝いしたいのですが」などと返信した。医師の口座には犯行前、女性から計130万円が振り込まれ、犯行当日に女性宅を訪れた際はヘルパーに偽名を名乗っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ