横浜刑務所で受刑者死亡 50代男性

 横浜刑務所(横浜市港南区)は、収容中の50代の男性受刑者が死亡したと発表した。

 刑務所によると、7月31日午後7時40分ごろ、巡回中の職員が単独室内で床に倒れている男性受刑者を発見。胸の痛みを訴えたため病院に搬送したが、8月1日午前9時40分ごろ、敗血症性ショックで死亡した。男性受刑者には持病があり、定期的に医師の診断を受けていたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ