SMS認証代行容疑で逮捕 詐欺悪用され300万円被害

 スマートフォンのIP電話アプリの利用に必要な本人確認の手続き「SMS認証」を代行し、他人にアカウントを不正取得させたとして、埼玉県警は29日、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、事件当時19歳だった栃木県大田原市の無職の男(20)を逮捕した。埼玉県警によると、不正取得されたアプリが特殊詐欺に使われ、計約300万円の被害が確認されている。

 SMS認証は、アプリの利用登録時、スマホの電話番号に数字などの認証コードが送られ、利用者が入力して本人確認する仕組み。男は会員制交流サイト(SNS)で約千円で認証手続きを代行し、客が匿名でアプリを使えるようにしていたとみられる。「悪事に使われているとうすうす感じていた」などと供述し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年9月、認証コードなどを他人に伝え、インターネット回線を経由するIP電話の通話アプリを、本人の情報が登録されない状態で利用できるようにしたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ