筑波大生不明 チリ人容疑者がフランス到着

 【パリ=三井美奈】フランス東部ブザンソンで2016年12月、留学中だった筑波大生、黒崎愛美(くろさき・なるみ)さん(当時21歳)が行方不明になった事件で、仏捜査当局が殺人容疑で指名手配していたチリ人、ニコラス・セペダ容疑者(29)が24日、フランスに移送された。ブザンソンの捜査当局が近く、本格聴取を開始する。

 仏国営放送によると、セペダ容疑者は23日、チリの国際空港でチリ警察から仏当局に引き渡され、民間機でパリ郊外のシャルルドゴール空港に移送された。検察当局者は「捜査の第二段階の始まりだ」と述べた。

 黒崎さんは交際していたセペダ容疑者とレストランで夕食を共にした後、行方不明になった。セペダ容疑者はチリに帰国したが、仏当局は殺人容疑者として国際指名手配し、チリ最高裁は今年5月、仏側への身柄引き渡しを決定した。セペダ容疑者は無実を主張している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ