槇原敬之被告 公判で新パートナーと交際を明言「今は薬を使わなくても十分幸せ」

 覚せい剤取締法違反(所持)の罪などに問われたシンガー・ソングライター、槇原敬之被告(本名・範之、51)の初公判が21日、東京地裁(坂田正史裁判官)で開かれ、検察側は懲役2年を求刑した。即日結審し、判決は8月3日に言い渡される。

 槇原被告は黒のスーツに黒の眼鏡でマスク姿、保釈時の長いひげは短くそり、髪も刈り上げて短髪にした姿で入廷し、起訴内容も認めた。

 裁判では薬物に手を染めた理由について、前パートナーから入手したと説明。このパートナーとは関係を解消しており、すでに新しいパートナーと交際していることも明らかにした。

 再び薬物に手を出す危険性については「全く手を出すことはないと思います」と言い切り、その理由について「辛いことや大変なことがあっても周りに相談できるし、パートナーの彼といろんなことを分け合ってやっているので大丈夫だと思います。今は薬を使わなくても十分幸せだということを感じている」と語った。

 起訴状によると、槇原被告は昨年3~4月、港区のマンションで危険ドラッグ「ラッシュ」を約64・2ミリリットルと覚醒剤0・083グラムを所持。今年2月にも渋谷区の自宅でラッシュを所持したとされる。

 同被告は1999年12月にも覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ