タピオカと抱き合わせで「マスク4千枚売った」店主の男ら高額転売疑いで書類送検 兵庫県警

 神戸市中央区のタピオカ飲料店でドリンクと抱き合わせでマスクが高額転売された事件で、店主の男(22)が兵庫県警の調べに「(マスクを)約4千枚を販売し、30万円ほどもうけた」と供述していたことが17日、県警への取材で分かった。県警は同日、国民生活安定緊急措置法違反などの疑いで、男ら4人を書類送検した。いずれも容疑を認めているという。

 書類送検容疑は3~4月、神戸市中央区のタピオカ飲料店「アムルティー」で顧客3人に対し、600円程度で仕入れた50~60枚入り箱マスクを1杯数百円のタピオカドリンクと抱き合わせ、計約5千円でそれぞれ販売したなどとしている。

 県警によると、男は大阪府内で民泊事業を手がけていたが、新型コロナウイルスの影響で業績が悪化。資金繰りに困っていたといい、3月中旬から抱き合わせ販売を始めていた。タピオカ店はすでに閉店している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ