被災1週間、前線なお活発 九州の豪雨、死者63人 

 熊本、鹿児島両県に大雨特別警報が出た4日から1週間となった11日、九州各地の豪雨の被災地では活発な梅雨前線の影響により熊本県を中心にまとまった雨が降った地域もあり、天候が崩れやすい中での捜索や復旧活動になった。九州では死者は計63人、行方不明は計16人となっている。

 死者の内訳は熊本県60人、福岡県2人、大分県1人。熊本県球磨村では特別養護老人ホーム「千寿園」の入所者14人が死亡した。行方不明は熊本県9人、大分県5人、長崎、鹿児島両県各1人となっている。

 国土交通省によると、球磨川や筑後川など10県で92河川が氾濫した。25県で計251件の土砂災害が発生し、最多は熊本県の52件となっている。

 気象庁などによると、10人が死亡、1人が行方不明になるなど甚大な被害が出ている熊本県芦北町では、11日朝に1時間に56・5ミリの非常に激しい雨が降った。一連の降水量が千ミリを超えている地点もある。総雨量が多い地域を中心に土砂災害の危険性が依然として高まっており、厳重な警戒が必要だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ