豪雨ボランティア本格化へ 課題はコロナ対策と人手不足

 九州で大きな被害を出した豪雨は、最初に特別警報が発表されてから11日で1週間。被災地では災害ボランティアセンター(VC)の開設が始まっている。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ボランティアの募集対象を地元やそれぞれの県内に限定。被災者ニーズに対する支援不足も予想され、復興作業の長期化を懸念する声が上がっている。(有年由貴子)

 10日、熊本県人吉(ひとよし)市の社会福祉協議会は、家具の運び出しなどを行うボランティアの受け付けを開始した。被災地ではすでに受け入れが始まっており、活動を始めたボランティアもいる。

 被害の大きかった同県芦北町の佐敷(さしき)地区では9日、断続的に激しい雨が降る中、町災害VCから派遣されたマスク姿のボランティアらが、民家で大型家具の運び出しや泥のかき出し作業などを手伝った。住人の嶋田京子さん(72)は「夫と2人じゃ何もできん。本当に助かりました」と安堵(あんど)。支援に参加した熊本市の団体職員、中村和貴さん(24)は「熊本の中で支えなければと思って駆け付けた」と話した。

 一方、新型コロナは高齢者が重症化しやすい。県内で最も早く災害VCが立ち上がった芦北町は高齢者が多く暮らす。町社協はボランティアの受け入れを、事前登録した県内在住者に絞った。現地入り前の検温や県外への行動歴の報告を求めるほか、活動中はマスクを着用し、密集を避けてもらう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ