九州災害支援へ 東北地方整備局、緊急災害対策隊を派遣 

 記録的な大雨に襲われ、甚大な被害を受けている九州地方の災害対応を支援するため、東北地方整備局(仙台市)は8日、緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)を派遣した。

 派遣したのは、企画部や河川部、道路部などの職員計16人。派遣隊は九州地方整備局の災害対策本部(福岡市)と調整しながら、車両が通行できるよう道路の障害物を取り除く活動や、被害状況の把握などにあたる。

 この日は東北地方整備局で出発式が行われ、派遣隊を代表して企画部の亀井督(まさ)悦(よし)震災対策調整官は「私たちの技術や知識、経験を十分に生かし、全力で活動していきます」と決意表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ