警視庁機動隊員が路上で拳銃自殺図ったか 意識不明の重体 東京・千代田

 8日午前3時半ごろ、東京都千代田区富士見の路上で、警視庁第5機動隊の男性巡査長(25)が頭から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、110番通報した。巡査長の頭には銃弾が貫通したような痕があり、貸与されている拳銃が腰につながっている状態で見つかった。巡査長は病院に運ばれたが、意識不明の重体。警視庁は巡査長が自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

 麹町署によると、巡査長は、当時、近くの在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部周辺の警戒中だった。休憩のため、別の警察官と交代した直後に貸与されている拳銃を1発発射し、自殺を図ったとみられる。遺書などは見つかっていないという。

 警備1課の重久真毅課長は「職員の拳銃自殺企図事案が発生したことは誠に遺憾。動機などの詳細については調査中で、今後の再発防止に努めたい」などとコメントしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ