2時間前、電話に「大丈夫よ」 熊本・芦北の親子3世代

 親子4代で仲良く暮らした空間、思い出の品、笑い声が絶えない日常-。熊本豪雨による土砂は、そのすべてを押しつぶした。熊本県芦北町で犠牲になった堀口ツギエさん(93)と娘の入江たえ子さん(69)、たえ子さんの息子で6児の父、竜一さん(42)。「絵に描いたような幸せな家庭」。近隣住民がそう口をそろえる一家の悲報に、周囲は深い悲しみに包まれている。(中井芳野)

 「休みの日は竜一さんとちびちゃんたちが洗車や散歩をしていて、水をかけあって遊んでいることもあった。その笑い声を聞くのが大好きだった」

 一家の隣に住む杉村ケイ子さん(73)は、つい数日前まで当たり前だった光景に思いをはせた。自身も被災し避難所に身を寄せるが、「あの声がもう聞けないなんて。竜一さんは本当に子煩悩で、残ったちびちゃんたちを思うと…」と涙を浮かべた。

 近隣住民らによると、竜一さんらが引っ越してきたのは約20年前。幼稚園から高校生までの娘6人を持つ竜一さん家族が母のたえ子さんと同居し、隣家には祖母のツギエさんらが暮らしていた。

 子供たちが走り回り、いつもにぎやかな入江家。たえ子さんも子供の習い事の送り迎えや炊事など、世話をよく焼いていたという。

 土砂崩れは4日未明、一瞬にして入江さん宅をのみ込んだ。前日から、竜一さん夫妻と子供たちは町外の親族宅に避難していたが、残ったツギエさんとたえ子さんを案じたのか、竜一さんは自宅に戻っていた。

 「大丈夫よ」。知人らによると、自宅を土砂が襲う2時間ほど前、竜一さんの妻が電話をかけると、たえ子さんは笑いながらそう答えていたという。だがそれ以降、電話がつながることはなかった。無事を願う思いは届かず、土砂の中から心肺停止の3人が見つかった。

 たえ子さんの友人の女性(75)は5日、葬儀場を訪ねた。子供たちは互いに抱き合って、亡くなった3人を囲んでいた。女性が竜一さんの妻にたえ子さんが写った写真を手渡すと、泣きながら「写真も土砂で流された。ありがとうございます」と握りしめたという。女性は「もう家族そろった姿が見られないと思うとやりきれない」と肩を落とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ