福岡、長崎、佐賀の大雨特別警報を解除 警報に切り替え

 気象庁は7日午前11時40分、福岡・長崎・佐賀の3県に6日に出していた大雨特別警報を解除した。大雨警報に切り替え、引き続き注意を呼び掛けた。

 あわせて会見した国土交通省は大分県で筑後川が氾濫し、浸水が始まったと発表。大分、福岡、佐賀の3県にまたがる筑後川の他の地域や、山国川(大分)、菊池川(熊本)でも氾濫の恐れが高まっているとして、警戒を呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ