梅雨前線が活発化、大雨の恐れ 災害に警戒を

 中国大陸から日本列島の南に延びる梅雨前線の影響で、西日本と東日本の太平洋側を中心に4日にかけて大雨になる恐れがあるとして、気象庁は3日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに警戒と注意を呼び掛けた。竜巻や落雷が発生する可能性もある。

 特に九州や東海、関東甲信地方では6月30日から7月1日にかけての大雨で雨量が多くなった地域があり、土砂災害の危険度が高まる恐れがあるとしている。

 気象庁によると、活動が活発になる梅雨前線上を低気圧が通過し、そこへ暖かく湿った空気が流れ込むことで、大気の状態が不安定になる。このため、西日本は4日昼すぎ、東日本では4日にかけて、局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が雷を伴って降るところがある。東海は1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨になる可能性もある。

 4日午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、四国、九州南部が250ミリ、近畿、九州北部が180ミリ、東海が150ミリ、関東甲信が100ミリ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ