小中学生377人が下痢など発症、食中毒の疑い 埼玉・八潮

 埼玉県八潮市教育委員会は30日、市内の市立小中学校15校の児童・生徒計377人が29日、腹痛や下痢を訴えて欠席したと発表した。30日も281人が欠席しており、草加保健所は食中毒や感染症の疑いがあるとみて調査している。

 市教委によると、377人はいずれも東部給食センター(八潮市)が提供する給食を食べていた。これまでに小学生と中学生各1人が入院したが、命に別条はないという。市教委は原因が判明するまで給食の提供を中止するとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ