男女2人死亡ひき逃げ、故意と判断 運転の男を殺人罪などで起訴へ

 福島県三春町で男女2人がトラックにはねられ死亡したひき逃げ事件で、福島地検郡山支部が30日、トラックが故意に2人をはねて殺害したとして、殺人罪で住所不定の無職、盛藤吉高容疑者(50)を起訴する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。自動車運転処罰法違反(無免許過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕され、処分保留となっていた。

 捜査関係者によると、事件当時は時速50キロ以上でトラックを運転しており、はねれば死亡すると認識していたとみられる。盛藤容疑者は2人と面識がなかった。県警は19日、このトラックを盗んだとして窃盗容疑で再逮捕。地検郡山支部が殺意の有無を捜査していた。県警によると5月31日朝、トラックを運転するのに必要な準中型免許を持たずに運転し、国道288号脇で清掃ボランティアをしていた三春町の橋本茂さん(55)と三瓶美保さん(52)を故意にはね、救護措置を取らずにそのまま逃走したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ