「事実なら責任を」「本当のこと話して」 困惑、怒り…河井夫妻地元の関係者

 国会議員夫妻をめぐる疑惑が重大局面に発展した。昨年7月の参院選に絡み検察当局は18日にも公選法違反(買収)容疑で河井案里参院議員(46)と夫で前法相の克行衆院議員(57)を逮捕する方針を固めた。「事実なら責任を」「裏切られた」。地元関係者からは戸惑いや怒りが噴出した。

 18日午前、広島県議会。この日は臨時議会の閉会日で、現金受領が取り沙汰された県議らも議会棟に姿を見せた。

 受領したとされるベテラン県議は取材に「議長が対応します」と述べ、足早に立ち去った。別の県議は、検察当局による任意聴取を認めながら、「これ以上は検事に話すなといわれている」。さらに別の県議は「ニュースを見ていない」とだけ話した。

 疑惑の大きな節目に、地元支援者は複雑な反応を見せる。

 「選挙時は夫妻を応援してきた。とても残念だ」。17日夜、同県安芸太田町にある克行氏後援会の藤本忠則会長は肩を落とした。夫妻は事件について、捜査中を理由に具体的な言及を避け続けている。「本人たちから説明がほしかった。もはや司法の場で真相を解明してもらうしかない」(藤本会長)

 案里氏陣営関係者の男性(81)は「事実なら責任を取るしかない。国政で活躍してほしかったが、(政治家として)復帰は難しいだろう」との見方を示した。案里氏陣営の元スタッフは「買収が本当なら、早く議員バッジを外すべきだ」と突き放した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ