河井夫妻きょうにも逮捕 県議らに買収疑い、自民離党

 自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の陣営による公選法違反事件で、地元議員らに現金を配布したとして、東京地検特捜部が公選法違反(買収)の疑いで、案里氏と夫で前法相の克行衆院議員(57)=自民、広島3区=を18日にも逮捕する方針を固めたことが17日、関係者への取材で分かった。被買収者の多くが受領を認めていることなどから、立件を見送ることも判明。特捜部が最高検など上級庁と協議の上、最終判断するもようだ。

 夫妻は離党届を提出し、17日に受理された。

 案里氏陣営をめぐっては、車上運動員に法定上限を超える違法報酬を支払った事件に加え、夫妻がそれぞれ広島県内の首長や議員、元陣営スタッフらに現金を手渡すなどした買収疑惑が浮上。東京や大阪の特捜部を中心に、検事が応援に入り広島地検で捜査を進めていた。最高検は捜査主体を東京に移し、国会が17日に閉会したことで、事件は大きな節目を迎えていた。

 克行氏は17日、国会内で記者団に「良心に照らして、やましい政治行動、法にもとるような政治活動を行ってきたことはない」と強調した。案里氏は「弁護士から(発言を)止められています。申し訳ありません」とだけ述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ