3人死亡住宅で拳銃発砲か 長野、1人は暴力団関係者

 長野県坂城町上平の市川武範さんの住宅で頭に傷を負った男女3人が死亡した事件で、県警は27日、現場の状況から「拳銃が発砲された可能性がある」と明らかにした。殺人事件として捜査し、現場検証や遺体の司法解剖などで確認を進める。県警は亡くなった3人のうちの新たに判明した1人の身元を住所不詳、小沢翔さん(35)と明らかにした。暴力団関係者と説明している。

 既に死亡が判明しているのは、市川さんの長女で飲食店従業員の杏菜さん(22)と、次男の高校1年生の直人さん(16)。県警は市川さんの家族について「暴力団と関係はない」と説明。数日前に小沢さんがきょうだいの兄を殴ったとして、警察に届けがあったという。現場から拳銃のようなものが2丁見つかっており、県警はトラブルの詳細を調べている。

 事件は26日午後11時15分ごろ、市川さん方から「けが人がいる」と119番があり駆け付けた警察官らが、頭にけがをした男女3人を発見し、その後搬送先の病院で全員死亡が確認された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ