東京高検検事長に林氏 賭けマージャン辞職の黒川氏後任

 法務省は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令中、産経新聞記者2人、朝日新聞社員と賭けマージャンをしたと報じられ辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)の後任に、林真琴名古屋高検検事長(62)を充てる人事を発表した。発令は26日付。

 林氏は黒川氏と司法修習同期で昭和58年に検事任官。法務省で人事課長や刑事局長など要職を歴任し、平成30年1月から名古屋高検検事長。

 稲田伸夫検事総長(63)が今年7月に就任2年を迎え、慣例では勇退の時期となる。後任には林氏が有力視されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ