買春で空自1尉停職7カ月 青森

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)は20日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った18歳未満の少女に現金を渡してみだらな行為をしたとして、北部航空方面隊の30代の男性1等空尉を停職7カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同基地によると、1尉は平成30年11月、三沢市内で少女とみだらな行為をし、わいせつな画像を撮影。児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で十和田簡裁から罰金80万円の略式命令を受け、納付済みという。「18歳未満の相手との行為に興味があった」と話している。

 三沢基地の久保田隆裕司令は「隊員の心情把握と服務規律維持の徹底を図り、再発防止に努める」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ