「飲食店苦しいのは知っていた」 時短営業狙い窃盗容疑

 新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮中の焼き肉店に侵入して現金などを盗んだとして、大阪府警捜査3課は15日、窃盗容疑などで、大阪市西成区天下茶屋東の無職、岩元勝彦容疑者(66)を逮捕したと発表した。同課によると、「コロナで飲食店の経営が苦しいことは知っていたが、お金がほしくてやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は4月24日午前0時20分ごろ、同市淀川区十三(じゅうそう)本町の焼き肉店の出入口のガラスを割って侵入し、調理場から約2万円の売上金が入った金庫などを盗んだとしている。

 同課によると、この店は新型ウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け、4月8日から営業時間を午後8時までに短縮していたという。岩元容疑者は「(過去に)50件くらい出店荒らしをしてきた」と話しており、同課は余罪についても捜査している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ