聖火ランナーのとんかつ店主が火災で死亡、当日知人に「店たたむ」

 東京都練馬区のとんかつ店内で4月30日に火災があり、1人でいた店主の男性(54)が全身にやけどを負って死亡した。油を浴びた可能性があり、警視庁が調べている。男性は東京五輪の聖火ランナーにも選ばれていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で五輪が延期となり、店も臨時休業を余儀なくされた。「店をたたむ」と漏らし、思い悩んだ様子だったという。

 警視庁光が丘署などによると、火災は4月30日午後10時ごろに発生。練馬区北町の3階建てビル1階のとんかつ店から出火し、火災に気づいた近隣住民が119番通報した。消防隊員が駆け付けたところ、内壁などが焼け、客席付近で店主の男性が倒れていた。全身にやけどを負い、搬送先の病院で死亡が確認された。服に火が付いたとみられる。

 とんかつ店のある商店街振興組合の大野裕之理事長によると、男性は妻と2人で店を切り盛りし、組合の副理事長も長年務めていたという。打ち水イベントの企画や、商店街のチラシ作成など振興に尽くしていたという。近隣の飲食店主は「商店街が寂れていく中で何とか活性化させようとしていた。店にはいつもいろんなイベントの告知が貼られていた」と振り返る。

 だが、新型コロナウイルスの感染拡大で、男性の店は4月13日から臨時休業していた。5月からの再開に向け、大野さんに消毒液の調達を要望していたが、火災当日の30日夕方には、ひどく思い悩んだ様子で「もう店をたたみます」と漏らしていたという。

 男性はマラソンが趣味で五輪聖火ランナーに決まった際、周囲に「決まったよ!」と喜びを爆発させていたという。「火災の日も仕込みをしていた。あんなにまじめだったのに…」。大野さんは肩を落とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ