池袋暴走1年、事故多発の「現実変えたい」 遺族男性が動画で心境

 東京・池袋で高齢ドライバーの乗用車が暴走した事故から19日で1年になるのを前に、妻の松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女の莉子(りこ)ちゃん=同(3)=を失った拓也さん(33)が16日、公開した動画で「交通事故は年間約38万件発生する。みなさまにこの現実を知っていただき、一緒にこの現実を変えたい」と語った。

 当初は記者会見を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、動画を通じて思いを述べた。拓也さんは今回の動画で初めて実名を明かした。

 この1年、「事故の犠牲者を減らしたい」と、自動車運転処罰法違反の罪で在宅起訴された旧通産省工業技術院元院長、飯塚幸三被告(88)の厳罰を求める署名集めなどに奔走してきた拓也さん。事故から数日後、いつも通り「愛しているよ」と伝えても返事のない棺を前に「2人の命を無駄にしたくないと感じた」と振り返った。

 当初は被告を憎む気持ちもあったが、今は「妻と娘への愛と感謝への気持ちで心を満たしたい」と強調。「世の人の命が守られる交通社会にするという決意を新たに表明したい」という思いから、実名公表に踏み切ったと述べた。

 事故は昨年4月19日に発生。飯塚被告の車が暴走して真菜さんと莉子ちゃんが死亡、男女10人が負傷した。

 動画のURLは(https://www.youtube.com/channel/UC_guXnzVWqW86xjRh4ILAGg)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ