NGT48民事裁判 男性ファン2人の謝罪文全文、損害賠償は240万円 

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)への暴行問題をめぐり、元運営会社「AKS」(現ヴァーナロッサム、東京)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判の和解条項の全容が15日、判明した。男性2人が計240万円を元運営会社側に支払うことなどが盛り込まれている。男性2人が提出した謝罪文には「NGT48の運営に混乱を招いたことを陳謝する」などとつづられている。

 和解条項には、男性2人が元運営会社に陳謝する▽5年間で損害賠償金240万円を支払う▽NGT48を含むAKB48グループのイベントに参加しない▽AKB48グループの名誉やイメージを毀損(きそん)したときには違約金として1000万円を支払う-などと記載されている。

 男性ファン2人の謝罪文の全文は以下の通り。

謝罪文

 私たちは、2018年12月8日、当時貴社の運営するNGT48のメンバーであった山口真帆氏の承諾を得ずに山口氏の自宅を訪れ、少なくとも山口氏の自宅玄関ドアを山口氏と引っ張り合う等の行為に及び、山口氏に精神的な苦痛を与えるのみならず、山口氏との会話において、「NGT48に所属するほかのメンバーから山口氏の自宅の場所を聞いたり、山口氏の自宅に赴くように唆されたりした。」等の事実と異なる説明を行った結果、同説明の録音媒体・反訳が公表されることにより、NGT48メンバーが本件暴行等に関与しているかの如き誤解を招いたことにより、貴社のNGT48の運営に混乱を招き、支障をきたしたことについて陳謝します。

 NGT48メンバーは一切本件暴行等に関与していないことをあらためて表明します。

 今後、NGT48を含むAKB48グループの出演するイベント等には参加せず、AKB48グループに接触しないものとし、貴社、AKB48グループ及び貴社の取引先等の関係者の名誉やイメージを毀損するようなことは致しません。

以上

 NGT48暴行問題 平成30年12月、当時NGT48のメンバーだった山口真帆さんの新潟市内の自宅マンションで、山口さんに暴行した疑いで男性ファン2人が新潟県警に逮捕された。その後、不起訴になったが、山口さんがSNSなどで告白し公になった。元運営会社のAKSは昨年4月、「暴行事件でNGT48の芸能活動が休止した」として、男性2人を相手取り損害賠償を求めて新潟地裁に提訴。今年4月8日に和解が成立していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ