「個人情報まきちらしていいか」 N国党首と元徴収員を書類送検

 NHKの受信料徴収員から契約世帯らの個人情報を不正に取得し、その情報を暴露するとNHK側に迫ったなどとして、警視庁は7日、威力業務妨害と不正競争防止法違反の疑いで、NHKから国民を守る党(N国党)の党首で前参院議員の立花孝志氏(52)を、不正競争防止法違反容疑で元徴収員の男(26)を書類送検した。いずれも容疑を大筋で認めているという。警視庁は起訴を求める処分意見を付けた。

 書類送検容疑は昨年9~11月、元徴収員の男が所持していた業務用携帯端末の画面に、東京都杉並区内の19世帯分の個人情報を表示させ、立花氏がビデオカメラで撮影。その後、立花氏がNHKに電話をかけ「僕にくれた個人情報をまきちらしていいかな」などと脅した上、サイトにその動画を投稿し、NHKに拡散防止に向けた各種対応を取らせたなどとしている。

 警視庁によると、立花氏は当時、上田良一会長(当時)への面会も迫っていた。元徴収員の男は「NHKの徴収方法などに疑問を持っており、協力した」などと供述しているという。

 警視庁は3月14日、葛飾区のN国党のコールセンターなど関係先を捜索。立花氏は同日に任意の事情聴取を受けた後、動画を配信し「自分の犯した罪に関してはしっかり償いたい」などと話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ