NHKの40代職員が感染 国際放送局の番組制作を担当

 NHKは3日、国際放送局で番組制作を担当している神奈川県在住の40代男性職員が新型コロナウイルスの検査を受け、陽性であることが確認されたと発表した。男性職員は医療機関から指示を受け、自宅療養しているという。

 NHKによると、男性は3月23日に発熱し医療機関を訪ねたが、風邪と診断され自宅療養していた。30日に平熱に戻ったため出勤したが帰宅後に再び発熱。その後自宅療養を続け、PCR検査の結果、陽性と判定された。発熱前14日間の海外渡航歴はないという。

 NHKは発熱後に男性職員と接触したスタッフなど計8人を自宅待機にしているという。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ