陸自将官級の再就職めぐり調査班設置 河野防衛相

 河野太郎防衛相は31日午前の記者会見で、自衛隊法の再就職規定に違反する疑いのある案件が判明したため、弁護士らで構成する調査班を河野氏直轄で設置し、調査を進めていると発表した。内閣府の再就職等監視委員会に通報したことも明らかにした。事案の詳細については「調査終了次第、公表する」とした。

 防衛省関係者によると、陸上自衛隊の将官級(陸将、陸将補)の「天下り」をあっせんするため、陸上幕僚監部職員が企業側に接触した疑いがある。規定では、将官級の再就職は一般職国家公務員と同様に内閣人事局が管理し、防衛省・自衛隊は関与しない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ