相模原殺傷 植松聖被告が控訴取り下げ

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者19人が殺害され、職員を含む26人が重軽傷を負った事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)が30日付で控訴を取り下げたことが同日、横浜地裁への取材で分かった。

 27日付で、弁護人が死刑を言い渡した同地裁の裁判員裁判判決を不服として控訴していた。31日午前0時に刑が確定する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ