横浜の路線バス死傷事故 被告に禁錮4年求刑

 横浜市の国道で平成30年10月、路線バスが乗用車に追突し、乗客の高校生らが死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われたバスの元運転手、平敬文被告(51)の論告求刑公判が26日、横浜地裁(橋本健裁判官)で開かれ、検察側は禁錮4年を求刑して結審した。判決公判は6月19日の予定。

 検察側は論告で、平被告は事故の約15年前から、視界がぼやけるなどの症状を感じた後に意識を失うことが度々あり、事故直前も同様の症状を自覚していたことから「運転を中止しなければ、人を死傷させる交通事故を起こすおそれがあることは予見可能だった」と指摘。注意義務があるにも関わらず、運転を継続した過失は「一方的かつ、極めて重大。職業運転手としてあるまじき行為だ」と厳しく非難した。

 弁護側は弁論で、当初の症状は正常な運転ができなくなるほどではなく、「前方注視が困難だったとは認められず、被告に過失はない」と強調。意識を喪失するまでの間は「極めて短時間」だったことなどから、事故は避けられないものだったとし、「不運な要因が重なって、重大な結果が生じてしまったことも考慮してほしい」などと、改めて無罪を主張した。

 起訴状などによると、平被告は平成30年10月28日夜、横浜市西区桜木町の国道16号で意識喪失状態に陥り、赤信号で停止していた乗用車に追突。乗客で当時16歳の高校生、秋場璃雄(りお)さんを死亡させ、他の乗客4人に重軽傷を負わせたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ