診断書偽造し155日休む 和歌山県主査を懲戒免職

 和歌山県は26日、診断書を偽造して計155日の病気休暇を不正に取得し、給与約275万円を受給したとして、人事課の山本英司主査(50)を懲戒免職とした。県は刑事告発する方針。また、部下にパワーハラスメント行為をしたとして、道路局の課長級の50代男性職員も減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。

 県によると、山本主査は那賀振興局と海草振興局の建設部に所属していた平成30年9月~令和元年12月、「気分障害」「胃腸炎」などと記した病院の診断書と領収書をパソコンで偽造するなどして計48件を上司に提出し、計155日の病気休暇を不正取得していた。

 県に情報提供があり、判明。「仕事がしんどく、病院に行くにもおっくうだった。診断書を取るとお金もかかるので安易に始めた。悪いことと思いながらついやってしまった」と話しているという。県は不正受給の給与分を返還請求し、退職金約870万円も不支給とした。

 また、課長級の50代男性職員は昨年4~11月、部下の50代男性職員に丸めた紙を投げつけたり暴言を繰り返したりするパワハラ行為をした。県に通報があり、アンケートや聞き取り調査で確認した。「一生懸命指導しないといけないという思いでやってしまった」と話しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ