相模原殺傷判決、主文言い渡しを後回し 厳しい刑の公算

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者19人が殺害され、職員を含む26人が重軽傷を負った事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の判決公判が16日、横浜地裁で開かれ、青沼潔裁判長は主文の言い渡しを後回しにし、判決理由の朗読を始めた。検察側は死刑を求刑しており、厳しい刑が言い渡される公算が大きい。

 植松被告はこれまでの公判で起訴内容を認め、「意思疎通できない重度障害者は安楽死させるべきだ」「事件は社会に役立つ」と差別的な持論を展開。事件当時の刑事責任能力の有無や程度が最大の争点となった。植松被告は判決前、「どんな判決でも控訴しない」と述べていた。

 弁護側は大麻による精神障害とし、「善悪を判断する能力はなかった」などと事件当時は心神喪失状態で責任能力はなかったとして無罪を主張。差別的な考えと犯行との間に「病的な飛躍がある」とした上で、事件の約1年前から大麻の乱用で人格が急変し、その高揚感から事件を起こしたと訴えた。

 検察側は精神鑑定結果を基に「パーソナリティー障害」に由来する人格の偏りにすぎず、正常心理の範囲内で行動も制御されていたと説明。園での勤務経験などから犯行を思いつき、凶器を複数準備するなど計画的に実行したと強調した。大麻使用の影響も小さく、完全責任能力があったとした。

 起訴状によると、植松被告は28年7月26日未明、入所者の男女を刃物で突き刺すなどして19人を殺害、24人に重軽傷を負わせたとされる。また、職員5人を結束バンドで廊下の手すりに縛り付け、2人を負傷させたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ