ふるさと納税「賄賂用」口座を開設 高知県奈半利町課長ら

 高知県奈半利(なはり)町のふるさと納税を巡る事件で、返礼品を扱う水産加工会社「通成水産」社長、松村通成(みちなり)容疑者(30)から、長男名義の銀行口座を介し現金約170万円を受け取ったとされる町地方創生課長、森岡克博容疑者(45)が、口座を長男に無断で開設していたことが13日、捜査関係者などへの取材で分かった。

 森岡容疑者への現金は、業務に従事していなかったこの長男への返礼品梱包作業代として支払われたことが判明している。一連の偽装工作は、町のふるさと納税行政を主導していた同課長補佐、柏木雄太容疑者(41)が取り仕切っていたとみられ、県警は3容疑者が現金の賄賂性を認識していたとみて13日にも贈収賄容疑で再逮捕する。

 捜査関係者などによると、柏木容疑者は平成30年ごろ、松村容疑者に返礼品としてアーモンドと小魚をパックに詰めた新しい商品を扱うように頼み、その梱包代名目で売上金の大半を森岡容疑者の長男の口座に振り込ませた疑いがある。

 森岡容疑者から寄付金の一部を回すように求められた柏木容疑者が、賄賂の捻出方法を松村容疑者に指示。松村容疑者は実際に梱包した高知市の会社には自腹で代金を支払っていた。柏木容疑者はこれらの見返りとして、通成水産の返礼品を寄付者の目に留まりやすいように関連サイトの掲載順を操作したとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ