千葉小4女児虐待死 父親に懲役18年求刑「凄惨で非道な犯行」

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判論告求刑公判が9日、千葉地裁(前田巌裁判長)であった。検察側は「凄惨で拷問といっても差し支えない行為。非道な犯行態様だ」などとして懲役18年を求刑した。

 検察側は論告で、勇一郎被告の犯行の多くを目撃した心愛さんの母親(33)=傷害幇助(ほうじょ)罪で有罪確定=の証言は信用できると述べた。その上で「(勇一郎被告は)いまだに虐待を実質的には認めていない。10歳の命が奪われた被害は重大」と非難し、児童虐待の傷害致死事件の中でも「比類なき重い事案」と主張した。

 これに対し、弁護側は、母親は「共犯者であり、一般的に相手に不利な証言をする」と証言の信用性を疑問視。犯行について「しつけがエスカレートし虐待につながった」とする一方で、「日常的な虐待はなかった」と述べ、「被告は深く反省している」として適正な処罰を求めた。

 勇一郎被告は最終陳述で「つらい思いをさせてごめんなさい。私が未来を奪ってしまった」と心愛さんに謝罪。裁判で母親らの証言との食い違いが指摘されたことについては「私は事実を話した」と改めて強調した。

 この日は、心愛さんと7年間、沖縄県で同居していた母方の祖母も出廷。「みーちゃんは家族の宝物だった。被告はみーちゃんの痛みを感じてほしい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ