野田虐待死、父親第9回公判詳報 死亡直前「浴室で鼻歌」

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判第9回公判が6日、千葉地裁(前田巌裁判長)であり、検察側と裁判員らによる被告人質問が行われた。主な内容は次の通り。

 【死亡前日】

 被告 心愛が死亡した前日の昨年1月23日夜、心愛がおもらししたので「なんでこんなことするの。どうするの」と聞くと、「朝まで立っている」と答えたので、朝まで立たせた。

 検察官 本当にそう言ったのか。言ったとしても、なぜ心愛さんが自ら「立っている」と言う状況まで追い込まれたのか。

 被告 言ったのは事実。そう言わないと私に怒られると思って答えたと思う。

 検察官 結局いつまで立たせたのか。妻は翌朝までと証言したが。

 被告 夜中です。

 【死亡当日】

 検察官 24日昼ごろ、浴室で心愛さんに「5秒以内に服を脱げ」と言って、ボウルに入れた水をかけた事件。そもそもなぜ、心愛さんは浴室にいたのか。いつからいたのか。

 被告 朝、心愛を起こすと、自ら浴室に行き、昼までいた。

 検察官 それでいいと思ったのか。

 被告 何回か浴室まで見に行ったが、心愛は浴槽の縁に座って、鼻歌を歌っていたので、このままでいいと思った。

 検察官 心愛さんは強い飢餓状態、ストレス状態が原因で亡くなった。亡くなる当日、浴室で腰掛けて鼻歌なんてことがあるか。

 被告 本当にあったことなのでお話しした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ