野田小4虐待死、被告人質問2日目詳報(1)涙ながらに思い出話すも、虐待行為の多くを否定

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判第8回公判が5日、千葉地裁(前田巌裁判長)であった。4日に引き続き、弁護側による被告人質問が行われ、勇一郎被告は虐待行為の多くについて否定した。

 勇一郎被告は、傷害致死と傷害、暴行、2件の強要という心愛さんに対する5つの罪のほか、妻に対する暴行も含めて計6つの罪に問われている。

 内訳は(1)平成29年11月、心愛さんを殴ったとする暴行罪(2)30年7月、心愛さんに大便を持たせ、その様子を撮影したとする強要罪(3)30年12月~昨年1月、心愛さんの腕をつかんで床に打ち付け、顔や胸を圧迫するなどして1カ月の胸骨骨折などを負わせたとする傷害罪(4)昨年1月1日ごろ、妻の胸ぐらをつかんで顔を殴るなどした暴行罪(5)昨年1月5日ごろ、心愛さんの服をつかんで廊下に出し、脱衣所に立たせ続けた強要罪(6)昨年1月22~24日、心愛さんに食事を与えずリビングや浴室に立たせ続けたり冷水を浴びせるなどして死亡させた傷害致死罪-。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ