千葉小4虐待死 「正義感強い長女を気に入らず」 心愛さんの母、被告の性格「二面性ある」

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判第4回公判が27日、千葉地裁であり、前日に続き心愛さんの母親(33)=傷害幇助(ほうじょ)罪で有罪確定=の証人尋問が行われた。母親は心愛さんが死亡するに至った状況について「被告が監視し、食事をあげられなかった」と証言。被告が虐待した理由について「心愛の正義感の強いところが気に入らなかったのではないか」と述べた。

 母親は、被告の性格について「二面性がある。他人には自分をよく見せるが、家族には自己中心的で、思い通りにならないと怒る」と説明。検察官に処罰感情を問われると、「できる限り重い刑にしてほしい」と述べた。

 母親は、心愛さんが死亡する前日の昨年1月23日夜から24日までの状況について証言。被告は自宅の浴室などに心愛さんを立たせ続けた上で、24日午後1時ごろに浴室で肌着姿で衰弱した心愛さんに「5秒以内に服を脱げ」と命令し、脱げないとボウルに入れた冷水をかけることを5回ほど繰り返したという。

 午後10時ごろ、心愛さんが寝るために寝室に行くと、寝ていた被告が目を覚まし、「寝るのは駄目だから」と廊下に心愛さんを引っ張り出した。

 寝室にいた母親は、しばらくして浴室からドンという大きな音が聞こえ、部屋に入ってきた被告に「心愛が息をしていない」と言われたという。浴室に行くと心愛さんが白目をむいて、口が半開きの状態で倒れていた。「信じたくなかったが、亡くなったのだと思った」と語った。

 証人尋問は前日に続き母親がいる別室と法廷を映像、音声でつなぐビデオリンク方式で行われた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ